2017年春頃。

そう、あの衝撃の写真よりも前のこと。

 

その頃、身体がだるいな~と感じる毎日。

でも、

「睡眠不足かな?仕事のストレスかな?」

「昨夜いつもはビール1本のところ2本

飲んだからかな?」

「コーヒーで気合い入れて今日も頑張ろ~!!」

とやりすごし、

夜になると、寝落ちするか、

眠れずケータイでアレコレ検索、

もしくは録画したドラマを遅くまで見る。

翌朝は早起きして娘のお弁当を作る…。

 

そんなことを繰り返していました。

 

当時、私が配属されていたのは

三階建て園舎の保育園。

三階まで一気に階段を上がると、

足が鉛のように重くて、息切れ。

 

あ~疲れた。

毎日のようにそんなことを感じていたある日。

 

仕事が終わり、ジャージを脱ぎ、

靴下を脱いだ瞬間

 

「なんだ?このゾウは?!」

 

血管はどこ~??

全く見えないほど、パンパンになった足の甲。

 

足首とふくらはぎの差がなくなるほど浮腫んだ膝下。

 

ゾウのような足ってこういうこと?!

ナニコレ?ナニコレ?サスガニマズクナイ??

 

よく考えたら、最近、

生理前のイライラが悪化してる。

 

年齢的なものかな…って思ってたけれど、

違うのかも。

 

ココから検索をした私が、

最初に行きついたのはイソフラボン。

 

豆乳を飲みましょう。ってアレです。

 

色々検索して、「毎日飲むのは違う。」

これは管理栄養士としてのアンテナが

私に指示をしたこと。

 

生理前1週間に限定して、毎日豆乳を飲む。

これならどうだろう。

 

でも、そのまま飲むのは無理だったので、

朝飲むコーヒーに入れてソイラテ風に。

 

それを数か月続けました。

 

3か月を過ぎたころ、生理前のイライラが消失。

それに気を良くした私でしたが、

大きな問題は解決していなかったのでした。

 

そう。

身体のだるさ、動悸・息切れ、

ゾウの足のような浮腫み・・・

全く改善されていない。

 

季節は移り変わり、

シュワシュワ~な飲み物が美味しい夏。

毎晩プシュッと開けて

「ん~、美味しい!今日も一日お疲れ私!!」

翌朝になると

「寝不足だからかな」

「飲みすぎ、食べ過ぎで体重が増えたからだな」

「仕方ないか」

と、だるさを感じる自分を納得させて終わり。

 

夏が終わる頃、

毎晩、夕飯後に寒さを感じるように。

ご飯を食べて身体が温かくなるはずが、

寒くて1枚着込みたい。

 

「いやだ~、何なのかしら」

そう思いながらも、

毎日同じことを繰り返していました。

 

そんなある日、

風邪をひきました。

鼻から喉にくる風邪。

 

私は娘の学校で

コーラスに所属しているのですが、

秋は大きな発表会があり大事な季節。

 

マズイ、マズイ。これはマズイ。

早く治さないと。

 

のど飴、のど用の薬、

マヌカ&プロポリスのスプレー、

大根はちみつ・・・

アレコレ必死に試し、

何とか本番の舞台に立つことが出来ました。

でも、決してコンディションは良くない状態でした。

 

結局、3か月近く痰がらみ、

声がスッキリ出ない症状が続きました。

 

こんなに治りが悪いのは初めてのこと。

何なのかしら。

 

そう悩みながら、迎えた2018年への年明け。

あの衝撃の日に辿り着くのでした。

 

つづく・・・

衝撃のゾウ足とは別の日。靴下を脱いで「痕つき過ぎでしょ!!」と自分に突っ込み。

 

 

 

 

 

 

 

#管理栄養士 #美構造 美構造開脚インストラクター #美構造フェイシャル #健康咀嚼指導士