こんな方におすすめ

✓離乳食の進み具合が心配

✓どうして食べてくれないのか知りたい

✓雑誌や本に書いてあるようにしたい

  れど、我が家の環境でどうすれば良い

  か知りたい

✓食べさせ方のコツがあれば知りたい

✓離乳食づくりで頭がいっぱい

✓頑張って作っても食べてくれないと

  ッカリしてしまう

✓親の食事の取り分け調理はどこまでOK

  なのか疑問

✓抱っこで肩が凝っていて深く眠れない

✓抱っこやおんぶによるツライ腰の痛み

  から解放されたい

✓溜まった疲れから解放されたい

✓全身がガチガチに凝り固まっている

✓マッサージよりも長期間維持できる

  の整え方を知りたい

 

 

《らくMAMA》を受けると

〇離乳食の進み具合の不安が解消され

  ます

〇お子さんに合わせたコツを見つけ

  れることで親子で食事を楽しめる

  うになります

〇離乳食の「作らなきゃ」からシンプ

  ルに素材を活かした食べ方でもOKと

  切り替えられるようになります

〇離乳食の用意が楽に思えるようにな

  ります

〇3食の離乳食づくりにかかっていた

  時間とストレスが減ることで他のこ

  とに時間が使えるようになります

〇呼吸が整い、体が整い、ストレスが

  減ることでイライラから解放され、

  体のこわばりが軽減されます

〇体の歪みが整い、抱っこが楽になる

  ことでお出かけにも積極的になれます

〇出かける頻度が高くなり、リフレッ

  シュできるようになります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボディコーディネーター戸叶麻実の思い

《最初の一食から最期の一食まで
楽しく美味しく食べられますように》

管理栄養士として20年間、赤ちゃんから高齢者、病気療養の方々の食と向き合ってきました。

施設や病院の給食では、決められた基準の中で栄養計算をして食事を提供することが基本です。

その中で少しでも一人一人に合わせたものが提供できるように寄り添い、可能な範囲での工夫を重ねてきました。


しかし経験を積めば積むほど、食の奥深さに魅了され、一律の栄養計算では伝えきれないもどかしさを感じるようになりました。

“もっと個々に合わせ、食と体と心が結びついて健康に過ごせる喜びを伝えたい”
“病気になる前にできる工夫を伝えたい”
“最期の一食まで楽しく美味しく食べられる体づくりを伝えていきたい”

その思いは日に日に強くなっていきました。
 
 
《充分頑張っているママが毎日をもっと楽しめるように》

公立保育園4園で勤務し生後59日〜6歳までの子どもの食事に携わってきました。

ミルク→離乳食→乳児食→幼児食とステップアップしていきますが、特に0歳、1歳の食事は幼児期の発達に繋がる大切な時期です。丁寧に進めるように努めていました。

しかしながら集団施設の中で一人一人に合わせるには限界があり、ある程度月齢基準で進めなければなりません。

園で難しい部分はご家庭との連携が必要になりますが、「仕事、育児と忙しい中でどんな工夫ができるか」をお一人お一人に合わせて考えることは、園に属する立場として限界がありました。

食べてくれない
どうたべさせたら良いの?
こんな時どうしたら良い?
定期的な育児相談の場では、保育園に預けていないママはもっと情報がない中で迷いながら頑張っていることも知りました。

充分頑張っているママ達をもっと近くでサポートできないだろうか。
子どももママも楽しい食事であって欲しいとの思いが積み重なっていきました。

 

《体が整うと家事も育児もらくで楽しくなる》

2018年、自分自身と家族の体づくりがきっかけで、開脚で体を整える方法に出会います。

最初は体の硬い私が本当に開脚かできるようになるのか?といった興味でした。
しかし、開脚は結果として付いてくるもの。そのアプローチが体を整える事に繋がる。
それを体感し、食以外の方法で体を整えることにすっかり魅了されたのです。

食と体と心が繋がる生活アドバイスのできる管理栄養士を目指して更なる学びが始まりました。

開脚に特化したプログラム、筋膜リリースを応用したボディメイク、女性が嬉しい美容にも繋がるプログラムなど、それぞれのインストラクター資格を取得。
また、女性の体を改めて深く理解し、“自然な生理”を伝えていく講師資格も取得しました。現在は筋膜に関する学びを続けています。

実は私は、20代から腰痛があり、痛むのが怖くて長時間のおんぶや抱っこをしてあげられませんでした。

娘の赤ちゃん期には常に体が凝っていて、定期的にマッサージに通っていたが、すぐにまた体がガチガチになって辛いので出かけるのが億劫だと思うこともありました。

今は疲れない体の使い方を知り、今より10歳も若かったあの頃よりも元気に、0歳児クラスの子どもを長時間抱っこやおんぶしても平気です。

頑張っているママ達を見る度に、あの頃、体の使い方を知っていたらどんなに楽だったかと思います。


一人でも多くのママに、体を整えて、元気に楽しい毎日を送ってもらいたい。

体が整うと、家事も育児楽になる。離乳食づくりも子どもに合ったコツが分かれば楽になる。

その想いを込めて、ママとお子さんが楽しく笑顔になれるらくMAMAパーソナルプログラムをお届けします。

 

プログラム内容

 

 

 

 

 

 

【ママの体】

1回70分のプログラムです。筋膜にアプローチしながら体の歪みやねじれを整える施術となります。

施術と共に呼吸も整い、自然に深い呼吸に導かれ、自律神経を整えることに繋がります。

定期的に整えていくと、体の使い方が変わることで「戻り」が無くなっていきます。

 

【離乳食相談】

お子さんのお食事の様子を実際に見せていただき、ママの知りたいことに合わせたアドバイスをいたします。

※離乳食の持ち運び等を考慮し、メッセンジャー電話のビデオ通話にてご自宅でのお子さんが食べる様子、ママが食べさている様子を見せていただきます。

※ご自宅でのプログラムをご希望の方は、ママの体を整えた後に、お子さんのお食事の様子を見せていただきながらアドバイスいたします。

 

期間限定特典

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【詳細】

日時:申し込みフォームの
   スケジュールよりお選び
       下さい
 
場所:渋谷区松濤
    ※詳細はお申込みの方に
    お知らせいたします
 
金額:1回 100分 
          通常5万円(税込)
 
プログラム時間の内訳:
【ママの体】70分
【離乳食相談】30分
  ※別日にビデオ通話
 
支払い方法:事前振込
※お申込み時に振込先をお知らせいたします
※お申込み後3日以内にお願いいたします
※振込手数料はご本人負担になります
 
 

Q&A(よくいただくご質問)

Q:離乳食は手作りを用意した方が良いですか?
A:ベビーフードなどでも構いませんが、普段食べている食事をご用意いただく方がお子さまの普段の様子をより良く知ることができます

Q:セッションの中でおまたぢから®の講座も受けられますか
A:おまたぢから®は約2時間で構成された単独の講座となっております
  価格も異なりますので、別の申し込みをお願いいたします

Q:セッションに子どもを連れて行っても良いですか?
A:可能ですが、レンタルスペースで行いますので、お子さんの遊べるものなどをご自分でご用意ください

Q:自宅に来てもらってセッションしていただけますか
A:23区内でご自宅にセッションスペースがある場合、可能です
  スペースの広さ:ヨガマットを2枚敷き、周囲に正座するスペースがある

Q:振り込みが3日以内に間に合わない場合はどうすれば良いですか
A:直接メールにてご連絡下さい

Q:直前の申し込みで振り込みが間に合わない場合はどうなりますか
A:2日前までの申込みの場合に限り、当日現金支払いが可能です

Q:キャンセルはいつまで可能ですか?
A:基本は別日に振り替えさせていただきますが、ご利用自体をキャンセルなさる場合は、ご入金前でも事務手数料として20%が発生いたします

Q:自宅でのセッション希望ですが、当日子どもの具合が悪くなった場合はキャンセルですか?
A:別日に振り替えさせていただきます

Q:効果を感じられなかった場合、返金保証はありますか
A:お振込み、お支払い後はいかなる場合でも返金は致しかねます

 

お申し込み

《らくMAMA》パーソナルプログラム

↑コチラ↑をクリックして下さい

お申し込みと同時に自動返信メールが届きます

 

 

お問い合わせは

↓コチラ↓のメールまで

asamitogano.bonnesante@gmail.com

 

 

 

#育児 #産後ママ #疲れない体

#ママ応援プログラム #離乳食

#無理しない #楽しく過ごす #体を整える

#ボディメイク #管理栄養士

#ボディコーディネーター

#パーソナルプログラム 

#Space結